唯「皆にプレゼントを配るよ!憂はトナカイさんね」

憂「はーい」

唯「立っちゃったからさっそく出発!」

憂「まずはどこに行くの?」

唯「私の家!私にプレゼントあげなきゃ」

憂「なんて欲深いサンタ……」

唯「じょ、冗談だよ」

憂「サンタ協会に届いたハガキから適当にピックアップして……と」

唯「刹那・F・セイエイ……変わった名前」

憂「とにかく行こうよ」


憂「はい到着」

唯「はぁはぁ……トナカイさんの着ぐるみな憂も可愛いよ」

憂「サンタルックのお姉ちゃんもね」

唯「さて、刹那くんのお願いは?」


『ガンダムと変革された世界とガンダムと死なない仲間とガンダムと若くて綺麗な予報士とガンダムと新しいドライヴとガンダム』


憂「贅沢だね」

刹那「誰だ!?」

唯「起きてたの?」

刹那「その姿……サンタさん!?」

唯「うん、バイトだけど」


刹那「やはりサンタさんはいたんだ……ロックオンやティエリアの妄言など信じなくて良かった……」

唯「一人でブツブツ言ってるよ」

憂「ちょっと危ない人なのかな……」

刹那「サンタさん」

唯「は、はい」

刹那「……来てくれてありがとう」

唯「私がサンタだ!」

憂「調子に乗らないの。でもプレゼントは一つに絞ってくれなきゃ……」

刹那「それならもういい」

唯「え?」

刹那「この目でサンタさんを見れただけで十分だ……寝ずに待っていたかいがあった」

唯「本人が満足なら良いけど」

刹那「だがもし許されるなら、アザディスタンという国に食べ物でも届けてやってほしい。きっと喜ぶはずだ」

唯「アイアイサー……って、どこにあるの?」

刹那「国民全員がゴロゴロしている。それを目印にすればいい」

唯「なんて良い国だ」


唯「いきなり喜ばれちゃったねー」

憂「でも見られたら減給だよ」

唯「う……み、皆の笑顔が報酬なんだよ!」

憂「お姉ちゃんは優しいね」

唯「サンタさんだから!」

憂「ふふ……さぁ次の手紙だよ」


『平穏な毎日が欲しいです--キョン』


憂「また変わった名前だね」

唯「うーん……私達にはこんな抽象的な物は用意できないよ」

憂「頼むなら神様だね」

唯「というわけでパス」


唯「次の手紙……あ、これは近いから直接家に行こう」

憂「はーい」

シャンシャンシャン

唯「到着」

憂「こ、これは……」

シェリル「……スー」

ランカ「……クー」

アルト「……ウーンウーン」


『どっちを本命にすべきかわかりません--早乙女アルト』


憂「プレゼントっていうか相談だよこれ」

唯「死ねよリア充」

憂「お姉ちゃん!?」

憂「落ち着いてお姉ちゃん!」

唯「離して憂!女の敵は生きてちゃいけないんだよ!」

憂「そんなのお姉ちゃんのキャラじゃないよ……」

唯「あ、危ない……澪ちゃんみたいになるとこだった」

憂(澪さん聞いたら怒るだろうな……)

唯「さてどうしようか?」

憂「まぁ自分で決めてとしか言えないよね」

唯「うん。手助けとしてYES・NO枕を置いておこう」

憂「問題が複雑化しそうだけど」



唯「まともなお願いが少ない!」

憂「逆にこうしたらどうかな?普通のプレゼントをほしがってる子のとこに行こうよ」

唯「憂天才!」

憂「えーと、まともなプレゼント……これなんかどうかな?」


『チョコビが一年分欲しいゾ』


唯「こんな可愛らしいお願いを待ってた」

憂「じゃ、行こうか」

唯「うん」

シャンシャンシャン



野原家

ひろし「……グガー」

唯「い、異臭がする」

憂「早くチョコビ置いて帰ろう」

シロ「アン!」

唯「わ!可愛い!」

シロ「アンアン!」ペロペロ

唯「あはは、くすぐったいよー」

憂「遊んでる場合じゃないよ」

みさえ「んも~うるさいわよシロ……ってえええっ!?」

憂「ほら見つかった……」


みさえ「ドロボー!ドロボーよ!あなた起きて!」

唯「いやサンタです」

ひろし「なんだようるさいな……おおお!?ここはパラダイスか!?」

みさえ「我が家よ、スケベオヤジ!」ゲンコツ

憂「えーと…………かくかくしかじか」

ひろし「なるほど……若いのに見上げたお嬢さん達だ」キリッ

みさえ「プレゼントって私達も貰えるの?」

唯「いや……言いにくいんですが、年齢制限が」

ひろし「ギャーハハハ!」

みさえ「ギロリ」

ひろし「何歳だろうとお前の魅力は変わらないぜ」

唯「はいじゃあチョコビ一年分です」

みさえ「わざわざありがとうね。家計が助かるわ」

憂「普通の反応がなんだか新鮮」

唯「それじゃ、他の家も回らないと行けないので」

シャンシャンシャン

ひろし「可愛かったなー」

みさえ「しんのすけが起きてたらうるさかったでしょうね」

ひろし「ははは、全くだ」

みさえ「……」

ひろし「どうした?」

みさえ「しんのすけが……いないわ」

ひろし「あのバカ……」



唯「ようやくまともな仕事したよ~」

憂「家計の助けってのがリアルだったけどね」

しんのすけ「全く、かあちゃんの欲深にも困ったもんだぞ」

憂「私はちょっと気持ちわかるな」

唯「あはは、憂も主婦みたいなものだもんね」

憂「あはは……」

唯「……」

しんのすけ「……」

唯憂「えええええ!?」

しんのすけ「ふっ、オラがディカプリオそっくりで驚いたかい?マイスイートハニー」

唯「意味がわからない」

憂「さっきの家の子……ついてきちゃったんだ……きっと心配してるよ!一旦引き返そう!」

しんのすけ「あは~」

唯「イガグリみたいで可愛い~」ナデナデ

憂(撫でられてるフリして胸に顔を……デキる!)

憂「離れなさい!」

しんのすけ「あぁ!こっちのお姉さんはケチだぞ」

唯「イジメたら可哀想だよ」

しんのすけ「唯ちゃーん」

唯「おーよしよし」ナデナデ

憂「と、とにかく!早く連れてってあげなきゃ」

しんのすけ「ヤダヤダ!オラもサンタズロースやりたい!」

唯「クロースね」

憂「そこはどうでもいいよお姉ちゃん」

憂「とにかくダメなものはダメ。お母さん達心配してるよ?」

しんのすけ「オラがいないのを良いことにプロレスごっこするから大丈夫だぞ」

唯「プロレスごっこ?」

しんのすけ「そうだぞ、この間オラが夜中にトイレ行こうとしたら……」

憂「わー!わー!」

唯「ど、どうしたの憂?」

憂「お姉ちゃんは知らなくて良いの!」

唯「憂が怒った……」

しんのすけ「ダメだなぁ、カルシウムが足りないぞ」

憂「あぁもう!お姉ちゃんが連れてかないなら私一人で行くよ!」

しんのすけ「助けてー!人さらいー!!」

憂「ちょ、ちょっと!」

唯「あわわ、人が集まってきた」

憂「急ごう!」

唯「うん!」

シャンシャンシャン



ひろし「すいませんねぇ、しんのすけが」

みさえ「どうもご迷惑を……」

唯「いえいえお気になさらず」

憂「疲れた……」

みさえ「ほら、あんたも謝りなさい」

しんのすけ「唯ちゃん憂ちゃん」

唯「?」

しんのすけ「高校生だからってお肌のお手入れをサボっちゃいけな……」

げ ん こ つ

しんのすけ「おぉ……唯ちゃんが7人に……」

憂(主婦やれる自信無くした……)


唯「子どもって可愛いね」

憂「私はしばらくいいかな……」

唯「さぁ次のお手紙だ」


『仕事を下さい--鳴海探偵事務所』


憂「また抽象的な……」

唯「まぁ行ってみようよ」


鳴海探偵事務所

翔太郎「……」ソワソワ

フィリップ「いくら待っても無駄だよ翔太郎。サンタなんて童話の産物に過ぎない」

翔太郎「うるせぇ!お前だって起きてるじゃねぇか!」

フィリップ「賭けをごまかされたくないからね……しかし、ハーフどころかクォーターボイルドだな、これじゃ」


唯「明かりがついてる」

憂「話声までしてる」

唯「もう玄関から堂々と入る?」

憂「そうしよっか」

ガチャ

唯「こんばんは~サンタさんでーす」

翔太郎「……」

フィリップ「……」

憂「固まられてるよ」

唯「やっぱり正面からはまずかったかな」

翔太郎「…………」

フィリップ「………バカな……」

翔太郎「き、ききききき来たぁぁぁぁぁぁっ!!」

翔太郎「落ち着け……落ち着け俺、どんな場面でもハードボイルド……それがこの俺、左翔太郎」

フィリップ「……」ブツブツ

唯「あのー」

翔太郎「まずは礼を言うぜお嬢ちゃん。この街に笑顔を届けに来てくれたのか?」

唯「はい」

翔太郎「ほら見ろフィリップ!サンタちゃんみたいな偽物じゃねぇ!マジのサンタさんだ!」

フィリップ「待て翔太郎、これは組織の罠……彼女達はドーパントかもしれない」

翔太郎「バカ言うな!サンタさんが悪い奴なわけないだろ!」


フィリップ「だが君も知っての通り、サンタとは老人の男性のはずだ。彼女達はどう見ても高校生程度……ハニートラップだ」

翔太郎「あ、あのサイン貰って良いかな?翔太郎君へって」

唯「はいはい良いですよ」カキカキ

フィリップ「……聞きたまえよ」

翔太郎「さ、サンタのサインだ……見てくれたかおやっさん……」

憂「で、プレゼントは?」

翔太郎「俺はこのサイン……夢を貰った」

フィリップ「僕はクッションでも貰おうかな。変身のたびに打撲するのはなかなか辛くてね」

憂「現実的ですね」

フィリップ「サンタを前にしてムラムラしてるよ」

翔太郎「とにかく賭けは俺の勝ちだぜフィリップ」

フィリップ「仕方ないな。大晦日のチャンネル権は渡そう」

翔太郎「いよっし!」

唯「じゃあ私達は行きますね」

翔太郎「あぁ、これからも街の笑顔を頼むぜ」

唯「はい!」

シャンシャンシャン

翔太郎「こうして一つの事件が終わった」カタカタ

翔太郎「街の笑顔の為に奔走する……その彼女達自身の笑顔こそが、本当のプレゼントなんだ」カタカタ

フィリップ「検索したよ、どうやらサンタ協会のバイト……」

翔太郎「ストップだフィリップ。夢を壊すのは……罪だ」




唯「さぁさぁ調子が上がってきたよ!」

憂「ふふっ、頑張ろうね」

唯「さーて、次のお手紙は!?」

憂「えっと」


『総理の椅子--小沢』


憂「知るかバカ!」

唯「憂!?」

憂「ハァハァ……許し難い願いだったからつい」



憂「気を取り直して次に行こう」

唯「すんすん」

唯「さわちゃんの匂いがする」

憂「え、でも先生は今日はデートだって張り切ってたよ?」

唯「きっと振られたんだよ!ぷくく」

憂「笑っちゃダメだよお姉ちゃん」

唯「憂も否定しないじゃん」

憂「あ……」

唯「とにかく行ってみよう」

シャンシャンシャン


唯「到着……って」

憂「男の人だよ」

カイジ「だ、誰だお前ら!?さては帝愛の手先だな!!」

唯「おっかしいなー、確かにさわちゃんの匂いと気配がしたんだけど」

カイジ「あ?」

憂(同類……って事なのかな?)

唯「まぁ良いや、お騒がせしたお詫びにプレゼントをあげます」

カイジ「はぁ?」

憂「クリスマスにはサンタさん……知りませんか?」

カイジ「知ってるが……そうそう信用なんか出来るか……怪しい……怪しすぎるぜ」

唯「疑り深い人だね」ヒソヒソ

憂「まぁ正しい反応とは思うけど」ヒソヒソ

カイジ「どうせてめぇら兵藤の部下なんだろ」

唯「違います」

カイジ「色仕掛けで物を押し付けて、借金の出来上がりってわけだ」

唯「ひねくれてるなぁ」

カイジ「散々辛酸を舐めたんだ……もう騙されねぇぞ」

憂「うーん……信用されてないし、もういいんじゃないかな」

唯「ダメダメ!サンタさんは困ってる人を見過ごしちゃダメ」

憂「お姉ちゃんがそういうなら」

唯「どうしたら信じてもらえます」

カイジ「はっ!公認のサンタ免許でも見せてみろよ!」

唯「はい。バイト扱いだけど」

カイジ「嘘……」


2