憂「ばぶばぶ」

唯「ど、どうしようどうしよう…」

憂「ほ…ほぎゃあほぎゃああ」

唯「うわっ泣き出しちゃった!どうすればいいんだろう…」

憂「大丈夫だよお姉ちゃん、赤ちゃんが泣いた時はお腹が空いたかオムツだよ」

唯「赤ちゃんういがしゃべった!!」

憂「もしくはさびしい時なんかも泣いたりするね」

唯「そ、そうなんだ~。それでういはなんで赤ちゃんになっちゃったの?」

憂「ほ…ほぎゃあほぎゃああ」

唯「わっ、また泣き出した!」

唯「えっと、オムツかな?」

ヌギヌギ

唯「よくわかんないから…匂いは…」クンクン

唯「してないかな~」

唯「じゃあお腹空いたのかな~」

唯「赤ちゃんにはミルクだね!」

唯「じゃあさっそく牛乳をっと…」コポコポ

憂「お姉ちゃん!赤ちゃんに牛乳はあげちゃだめだよ!」

唯「またしゃべった!」

憂「赤ちゃんには牛乳じゃなくて粉ミルクから作ったものをあげなきゃ」

唯「そっか~、でなんでういは赤ちゃ

憂「ほぎゃあほぎゃああー」

唯「な…なんなのさ」

唯「でも粉ミルクなんてあるのかな?」

唯「お?ういの買い物袋の中に」

唯「粉ミルク発見!」


唯「じゃあさっそく作ってみます」フンス

唯「お湯を沸かしてっと」

コポコポコポ

唯「こんなもんかな~」

唯「できたー!」

唯「哺乳瓶もあったからこれに入れて完璧ー!」

唯「ほ~らういちゃん、ミルクでちゅよ~」

憂「う…う…ぶ」

唯「あれ?飲まないな~」

憂「お姉ちゃん、ミルクは赤ちゃんに飲ませる前に冷まさないと」

唯「え?そうなの?」

憂「そうだよ、人肌程度には冷まさないとやけどしちゃうよ」

唯「じゃあ瓶ごと水で冷まして…」

唯「これでいいかな~」

唯「はいうい、今度こそミルクでちゅよ~」

憂「んくっんくっんくっ」

唯「わ~、飲んでる飲んでる!」

憂「ぷはぁ」

唯「おいしかった?うい~」

憂「きゃっきゃっ」

唯「ふふふ、喜んでる~」

唯「じゃあこの哺乳瓶洗ってこよう」

憂「ほ…ほぎゃあほぎゃああ」

唯「こ、今度はなにさ~」

唯「今ミルク飲んだばっかなのに~」

憂「お姉ちゃん、赤ちゃんはねミルク飲む時一緒に空気も飲んじゃうの」

唯「ふむふむ」

憂「だからミルク飲ませたあとはだっこして背中を軽く叩いてげっぷをさせてあげるんだよ」

唯「なるほど~ではでは」ダキッ

憂「あ、あと生後まもない赤ちゃんは首がすわってないから」

憂「だっこする時は頭をささえてあげてね」

唯「じゃあこうかな~」

唯「とんとんとんとん」

憂「………」

唯「とんとんとんとん」

憂「………」

唯「とんとんとんとん」

憂「………けぷっ」

唯「お、出た出た」

憂「きゃっきゃうふふ」

唯「満足そうだね~よかったよかった」

唯「それにしても赤ちゃんってかわいいなぁ~」

唯「ほっぺたとかぷにぷにで」

唯「ずっとさわってても飽きないよ~」

憂「きゃっきゃっ」

唯「ういも気持ちいいのかな~」

唯「手もちっちゃくてかわいい」

唯「こんなにちっちゃいのにちゃんと爪とかも生えてるんだね~」

ギュ

唯「お、私の指をつかんできた」

憂「うーうー」

唯「口に持ってって…」

チュパチュパ

唯「しゃぶったー!かわいいー!」

唯「そういやさっきの買い物袋の中に…」ガサコソ

唯「おしゃぶりがあったー」

唯「はい、うい~おしゃぶりだよ~」

憂「うー」チュパチュパ

唯「んー、おしゃぶりっておいしいのかな~?」

憂「おしゃぶりはね、お母さんからの授乳、つまりおっぱいだね」

憂「その時のことを思い出して落ち着くんだよ」

唯「そうなんだー、私も思い出すかなぁ?」

唯「ちょっと貸してねー」ヒョイ

憂「あ…」

唯「ふんふん、なんか落ち着く感じがするね~」チュパチュパ

憂「び…びえ~~~~~~ん!」

唯「ありゃ、また泣いちゃった!どうしたの?」

憂「お姉ちゃん、赤ちゃんから無理やり物を取り上げちゃだめだよ」

唯「あ、そっかそっかごめんね~」

唯「はい、返すね~」

憂「うー」チュパチュパ

唯「ふにふに」

憂「きゃっきゃ」

唯「こちょこちょ」

憂「きゃっきゃ」

唯「よしよし」

憂「きゃっきゃ」

唯「かわいいな~」

憂「………すーすー」

唯「あ、寝ちゃったかな」

唯「ふぁ~、私も眠くなってきちゃった…」

唯「一緒に寝ようか、うい~」

唯「………」

………
……


…ちゃん、お姉ちゃん起きて

唯「う、う~ん」

憂「おはようお姉ちゃん、ご飯できたよ」

唯「は!うい、赤ちゃんは?」

憂「え?赤ちゃん?」

唯「ういが赤ちゃんになってふにふにでしゃべって…」

憂「よくわからないけど…」

憂「お姉ちゃんの寝顔は赤ちゃんみたいにかわいかったよ」


おしまい