ういのへや!

純『うわー、それは裏目に出たね…』

憂「そうなんだ…もう、どうしたらいいかわかんなくなっちゃって……」

純『で、憂のお姉ちゃんはどうしてるの?』

憂「お風呂はいったあと、寝ちゃったとこ。やっぱり疲れちゃったみたい」

純『……うまくいかないねー、なんか』

憂「私が、あんなことしなければ……」

純『まあ別に誰も悪いことしたわけじゃないじゃん、明日になったら元通りだよ、たぶん』

憂「うん、だといいけど……うん」

純『じゃあ、私が梓の方にそれとなく伝えとくね』

憂「え、でもそれは私が――」

純『まあまあ、ここは海千山千の私にまかせなさいっ』

憂「でも、わるいよ」

純『いま憂が梓にそれ言ったら、梓も逆に引け目感じちゃうんじゃない?』

憂「そっか…そう、かも」

純『まあこの分はこないだのチョコクッキーで返してくれりゃいいよ! ってかそろそろ寝るね』

憂「あっうんわかった、ありがとう! おやすみ!」

純『…あー。寝る前に一つだけ聞いてもいい?』

憂「えっ、いいけど」


純『……なんで憂、そこまでお姉ちゃんと梓のこと応援してたの?』



つぎのひ!

唯(あずにゃんに、昨日のことあやまらなくちゃ…)

唯(……このあたりだったよね、あずにゃんのおうち…)

唯(あ。みっけた)


ぴんぽーん

梓母『はい、中野です……あら、うわさの唯先輩ね。いつも娘がお世話になってます』にこっ

唯「……すいません、梓ちゃんのお見舞いに来ました」

梓母『いいのいいの。梓もだいぶよくなってきたから、よかったらちょっと顔見せてあげて』

唯「はい……おじゃまします」

梓母「どうぞあがって。梓を起こしてくるからこっちでちょっと待っててくれる?」

唯「あ、いえ……わざわざ、大丈夫です」あせっ

梓母「平沢……唯ちゃん、だったわよね?」

唯「は、はい」

梓母「あの子ねえ、昔っから引っ込み思案でいじっぱりなところがあって、友達作るのが下手だったのよ」

唯「そう、なんですか…」

梓母「でもこの学校の軽音楽部に入ってから、なんだか明るくなったのよね」くすっ

唯「そうなんですか……」にこっ

梓母「たぶん、あなたのおかげね」にこっ

唯「ええっ、あずにゃんは……わたしなんかよりずっとずっとがんばり屋さんです! まじめで、ちっちゃくて、かわいくって、すごいいい子で、」

梓母「ふふ、あの子に言ってあげて。喜ぶわよ」にこっ

唯「……はい」

梓母「あの子ね、このごろ学校の話を家でしてくれるようになったのよ」

唯「そうなんですか…」

梓母「なかでも一番聞くのは、唯ちゃんの話だけどね?」くすっ

唯「え、ええっ……」

梓母「うち、共働きであの子ひとりっ子だからさみしい思いさせちゃうことが多くってね」

唯「うちも……お父さんとお母さんが出かけること、多かったです」

梓母「そうなのね……だから梓と気が合うのかしら」

唯「あずにゃん……」

梓母「いじっぱりのくせして根はさみしがりやだから、不器用なのよね」くすっ

唯「……あの、私…あずにゃんに、ひどいことを……」

梓母「いいのいいの、それよりもあの子にやさしくしてあげて」

唯「え……」

梓母「私より、あなたがそばにいてあげる方があの子も喜ぶわよ」

唯「そんなこと、ないです…」

梓母「さ、そろそろ起きてくるから。二階の梓にこれ、持っていってあげて」にこっ

唯「……はいっ」



あずさのへや!

梓「…すぅ………」すやすや

唯「……あずにゃん…」

梓「……ゆ……せん…い……」

唯「……」どきどき



梓「……………ふあ…あれ、ゆい…せんぱい?」

唯「あ、あずにゃんおはよ」にこっ


梓「……ごめんなさい、昨日は…」

唯「……ううん、そんなことないよ――」

梓「ごめんなさい! いままで、その、……へんな態度、とったりしてて…すみませんでした……!」うるっ

唯「ちがうよ、わるいのはわたし! …あずにゃんは、わるくないよぉ……」

梓「でも、私が唯先輩に、」

唯「……あずにゃん、ごめんなさい。あずにゃんの気を引きたくって、わざと避けたりして…」

梓「…さいてい、ですっ……」

唯「……でも、昨日のは……あれは、ちがうの。昨日は……こわくなっちゃったの」

梓「………」

唯「自分の気持ちがおさえられなくて……抱きしめたくなっちゃって、それだけじゃおさまらない気もして、」

梓「………」

唯「…好きに、なっちゃいそうだったんだもん……」


梓「……なってくださいよ」


唯「え……?」

梓「わたしが、どれだけ心配したと思ってるんですかっ…嫌われたんじゃないかって、もういやになったんじゃないか、って……」

唯「ごめん、あずにゃん……」

梓「……ほんとは、すごくこわかったんですよ…」

唯「…うん………」

梓「だから、好きに、なってください…」

唯「………」

梓「……また、前みたいに……してください」

唯「………」

梓「………」

ぎゅっ

唯「……こう、かな…」

梓「……こう、ですよ…」ぎゅ

唯「……あは…あったかいね」

梓「ゆいせんぱいも……あったかいです」


唯「また…抱きしめても、いいかな…?」

梓「……人前では、いやです」

唯「そ、そうだよね……」

梓「でも……二人っきりなら、いい、です…」かあっ

唯「……ありがと、あずにゃん」

梓「………ふふ」にこっ

唯「………えへ」にこっ



つぎのひ!

梓「おはようございます、唯先輩」にこっ

憂「おはよう、梓ちゃん」


唯「あーずにゃん♪」だきっ

梓「ひゃ……いきなり約束やぶらないでくださいよっ!?」

唯「だって、ひさしぶりなんだもん!」にこっ

梓「…そう、ですけど…うぅ……」かあっ

唯「……えへへっ」


純「あはは……なにあの一夜にしてのキャラ崩壊っぷり………爆発すればいいのに」

憂「まあまあ……でも、お姉ちゃんも梓ちゃんもげんきになってよかったね」にこっ

純「……ほんとに?」


憂「えっ、うん」

純「……なら、いいけどさー」

憂「私……お姉ちゃんよりも早く気づいてたんだ。お姉ちゃんの気持ち」

純「……ふぅん」

憂「だから……幸せになって、ほしいなって」

純「……あきらめ、つけたかったとか」

憂「どうだろ…そう、なのかも」

純「……憂はさ、よかったと思ってる?」

憂「……うん!」にこっ

純「……あは、そっか」

憂「そうだよ。大事な人だもん、ふたりとも」

純「……じゃあ、梓でもひやかしにいきますか」

憂「そうだね」にこっ

おわり。