紬自室

紬「おまたせしてごめんなさい」

梓「い いえ!全然まってないです!」

紬「紅茶でよかったかしら?」

梓「は はい!いただきますです!」

紬「♪~はい、どうぞ」

梓「…あの」

紬「ん?」

梓「ムギ先輩は…軽音部で、こうやって皆さんにメイドみたいな事するのが嫌になって…辞めたんですか?」

紬「えっ?」

梓「皆さんムギ先輩がこうしてくれる事に慣れて、当たり前になって」

紬「…」

梓「それで…ムギ先輩嫌になって、それで…」
紬「…お話しって、その事?」

梓「は はい!皆さんムギ先輩の事心配で、軽音部の雰囲気悪くなっ…わぷ」

紬「ありがとう」キュ

梓(///ムギ先輩に抱きつかれた!何このいい匂い?)

紬「ふふ、はずれ。全然嫌じゃないわ」

梓「ムギ先輩?」

紬「私は、軽音部が好き」

紬「りっちゃんも、澪ちゃんも、唯ちゃんも、梓ちゃんも好き!」

紬「さわ子先生も、音楽室も、澪ちゃんの歌詞も、唯ちゃんの歌声も、ティータイムの時間も好き!みんな大好きっ!!」

梓「…じゃあ…なんで辞めちゃったんですか?」


紬「…軽音部で…私は一人だから…」



……

梓自室


『軽音部で私は一人だから』


梓(あの時のムギ先輩…寂しそうな顔してたな)

梓(…軽音部の事嫌いになったわけじゃないんだよね)

梓(…でも軽音部でムギ先輩一人って…)
バフ

梓(どういう事なんだろ?)

梓(とにかく…明日先輩達に話してみよう…)



翌日放課後

梓「あれ?」

♪タンタンスタタン スタタタタン

梓(律先輩?)

ガラ

梓「こ こんにちはー」

律「…よう」

梓「律先輩しか来ていないんですか?」

律「澪は日直で職員室寄ってから来るよ。唯はもう来るんじゃないか?」

梓「そうですか」

律「…ムギはもう来ないけどな」

梓「…」

梓「律先輩」

律「ん?なんだ?」

梓「ムギ先輩の事で聞いてもらいたい事があります」

律「…」




翌日放課後

律「ムギ」

紬「?…りっちゃん」

律「ムギ…ちょっと話がしたいんだけど、時間いいか?」

紬「…ごめんなさい…斎藤を待たせているから…」

律「斎藤?…ああ、執事の人か。いやさ、ちょっとだけ私の相談に乗って欲しいんだ」


紬「相談?」

律「頼む!」

紬「…」 Pi
紬「斎藤?少し校門の前で待っててくれるかしら?」 Pi

律「…どんな相談なの?りっちゃん」



屋上

律「んんん…今ぐらいの季節が一番過ごしやすいな」

紬「そうね」

律「久しぶりだよな」
律「ムギとこうして話すの。お互いずっと避けたからさ」

紬「りっちゃん…相談て何かしら?」

律「そうだったな…実は私も軽音部辞めようって思ってるんだ」

紬「えっ!?」

律「気付いちゃったんだよなー…澪も梓も上手くてさ、唯も初めの頃と比べたら格段に上手くなって…」

紬(…)

律「でも私はダメだ。澪の言う通り勢いだけだしな…みんなにおいて行かれた感じ?…はは…軽音部に私の居場所はなくなったかなってさ…」

紬「ダメよっ!!」

律「うん?」

紬「りっちゃんは軽音部辞めちゃ駄目!!りっちゃんの居場所は軽音部にちゃんとあるもの!」

律(…)

紬「それにりっちゃん辞めちゃったら3人なって…軽音部なくなっちゃうわ!…そんなのイヤよ…絶対にイヤ!」

律「…勝手だな」

紬「!!」

律「ムギはどうなのさ?軽音部辞めたじゃん」

紬「…私…私は…軽音部に…いちゃいけないし…」

律「なんで?」

紬「なんで って…私はりっちゃんと澪ちゃんや、唯ちゃんと梓ちゃんみたいに誰かと仲良しじゃないもの!」

律「はあ?」

紬「私だけ一人で…でも、みんなみたいになりたくて…でも、なれなくて…」

紬「…だってわたしは一人だから…」

律「…」

紬「そんな事考える自分も嫌で…それで…わたし…」

律「…ムギ」

紬「?なに……にゃひっ!」ムギュ

律「バーカ バカムギ」ムギュムギュムギュ

紬「い…いひゃひ! いひゃひや ふぃっひゃん!!(い…いたい!いたいわ りっちゃん!!!」


紬「???」

律「はぁ…やっぱりそんな事考えてたのかムギは」

紬「で でも…」


律「梓に聞いたけどさ…ムギ軽音部が好きなんだろ?」

紬「好きよ。大好き」

律「私だってそうだ。多分…いや、きっと澪や唯、梓だってそう想ってるよ」

紬「それは…りっちゃんには澪ちゃんがいたり…」

律「そうじゃない」


律「私は5人でいる軽音部が好きなんだ」



紬「あ…」

律「ムギの居場所だって軽音部にちゃんとあるんだよ」

紬「…あ…あぁ…」

律「私と澪とか…そういうの関係ない」

律「みんな、みんなが大事なんだ」

紬「…ああぅ…う…うあぁ…!」


澪「そうだぞムギ。みんなお前の事、大事に思ってる」

紬「グス…み 澪ちゃん…唯ちゃん」

唯「私だってムギちゃんの事大好きだよー!」ギュー

紬「う…み みんな…」


紬「う、ぐす…ごめ ごめんな…さい」

律「ホントに バカだなムギは」

紬「う…ううぁっ…ごめんなさい…あああーっ!!」


梓「…らしくなかっです」ボソ

律「…なにがよ?」

梓「律先輩のキャラじゃないです」

律「…そりゃ…私は部長だからな」



翌日

純「じゃあムギ先輩軽音部に戻ったんだね」

梓「うん…もう大丈夫だと思う…」

純「んー?その割には腑に落ちないって顔してるじゃん」

梓「うん…ちょっと悔しいかなって」

純「悔しい?」

梓「私にはムギ先輩が何を悩みを解決出来なかったし」

梓「…律先輩は『部長だからな』て威張ってたけど…」

梓「やっぱり1年付き合いがあるって大きいなあって」

純「それは仕方ないんじゃないかなー」

梓「…そう…仕方ないんだけどね」

純「梓はさ!先輩達が卒業して、新入部員が入ったら…」

純「きっと律先輩みたいに部員思いの部長になれるよ」

梓「純…」

純「…もっとも…新入部員が入らなかったら廃部になっちゃうんだけどね♪」

梓「む むー!だ 大丈夫だもん!」

純「あは 冗談よ。じゃあ私ジャズ研行くから!じゃあね」

梓「うん じゃあね」

梓(…部員思いの部長…かぁ…)


ガラ
梓「こんにち…ムギュ」

梓「ぷぁ!もう唯先輩!いきなり抱きつくのは…」

紬「うふふ、ごめんなさい梓ちゃん」

梓「あ! ム ムギ先輩///」

紬「梓ちゃんにもお礼を言わなくちゃいけないわ」

梓「お礼って…私は何もしてないですよ。実際律先輩のおかげです」

紬「うん…でもね、やっぱりお礼を言わせて」

梓「は はい」

紬「ありがとう 梓ちゃん」


律「ムギー!私の紅茶まだー?」

唯「このお菓子おいしそうだねー♪」

紬「うふ♪ほら 梓ちゃんも!」

梓「はい!いただきます」

澪「まったく梓まで…しかたないな…私の分も頼むよムギ」

紬「うん!」



紬「えっ?軽音部好きか…ですか?」

紬「ふふふ…もちろん」

紬「私 軽音部大好きですよ」


紬「多分…ずっと」


おわり