律「ムギー!部室行こうぜ」

紬「あ ごめんなさい…今日も…」

律「あれ今日もなのか?もう一週間部活休んでるぞ?」

澪「…何かあったのか?ムギ、もし何か悩み事があるなら相談しろよ」

律「そうだぞムギ、私達は友達じゃないか」

紬「…」

澪「?ムギ?」

紬「あっうん…ありがとう…そういんじゃなくて…お家の事情で早く帰らないといけないだけなの」

澪「そっか…」

紬「ホントごめんね…」

律「まあ、しゃーないか…じゃあなムギ」
澪「ムギ、また明日」

紬「うん…ばいばい…」



翌日

澪「ムギ 今日は部室来れるのか?」

紬「…ごめんなさい…」

澪「ダメなのか…」

律「…明日はどうだ?来れそうか?」

紬「あした…部活…明日も…」

律「バンドはムギのパート無くても合わせられるけど…ちょっと…な」

紬「う うん…ごめんなさい…明日はちゃんと行くわ」

澪「そうか!よかった

律「唯もムギのお菓子楽しみにしてるからさ」

澪「それは律もだろ…」

紬(澪ちゃんとりっちゃん…)


翌日

唯「あ!ムギちゃんキターっ!」

梓「どうしたんですか?一週間も部活に来れないなんて」

紬「ごめんなさい、家の事情で部活に来れなかったの」

唯「ムギちゃん復活という事は、ティータイムも復活だね♪」

梓「唯先輩はそればっかりですね」

唯「ムギちゃんのお菓子とあずにゃん成分が有れば、私はがんばれるんだよー」ダキ

梓「んーっ抱きつかないで下さいっ!!」

紬(唯ちゃんと…梓ちゃん)

梓「はい?」

紬「えっ!?ううん何でも…」

澪「よし!久しぶりに5人揃った事だし…」

唯「ティータイムの時間だね!ムギちゃーん!今日のお菓子はなあに?」

律「やっぱりこの時間あっての放課後ティータイムだよな」

澪「ちょ、おまえら」

梓「もう!何言ってるんですか!せっかくムギ先輩も久しぶりに来たのに!練習しましょうよっ!!」

律「な~に言ってるんだ。梓だって『ティータイムがないと物足りないですねえ』とか言ってたじゃないか」

梓「そ それはそうですけど…」///

紬「…」

唯「ムギちゃーん?」

紬「あ!ごめんなさい…すぐに支度するわね」

澪「ふぅ…やれやれ」

紬(……)

紬(…わたしは…)



翌日放課後

バンッ!
さわ子「ねえ!あんた達何かあったの!?」

唯「ほえ?さわちゃんどうしたの?」

律「あれ?ムギ一緒じゃないの?さわちゃんのトコ行くって言ってたけど」

さわ子「…そのムギちゃんが、さっき軽音部辞めたいって退部届持って来たわ」

唯澪律梓『ええぇっ!?』

律「なんだよソレ…私達に相談も無しに…」
梓「退部の理由はなんなんですか?」

さわ子「お家の事情…て言ってたわ。…ただ随分思いつめてたようだし、部内で何かあったのかなって…」

澪「何もないよ。しばらくムギ部活来なかったけど、昨日久しぶりに来た時いつもと変わらないムギだった」

梓(…)

唯「わたし ムギちゃんに電話してみるよ!!!」
truuu truuu truuu …
『…おかけになった電話は、電波の届かない所にあるか、電源が入っていない為…』
Pi
唯「…だめだよ…通じない…」

澪「仕方ないな…明日ムギに直接聞いてみよう」

律「そうだな」

唯「ムギちゃん…」



翌日-教室

紬「おはよう みんな」

澪「おはよう ムギ…あのさ…」

律「…どういう事だよ…ムギ」

紬「…退部の事?」

唯「そうだよムギちゃん。急に辞めちゃうなんて」

紬「ごめんなさい…お家の事情で部活続けるのが…」

律「それにしたって私たちに相談してくれてもいいだろっ!!」

紬「!」

律「そりゃ家の事情なら、私たちに話したって、どうなるもんでもないかも知れないけど…黙って辞める事ないだろ!!」

澪「おい律!落ち着けっ!」

紬「…りっちゃんに…」

唯「?ムギちゃん」

紬「りっちゃん『なんか』に私の悩みはわからないわ!」

律「!この…」

唯「わっ!?りっちゃん抑えて抑えて」

ガラ
教師「おらー 席に着けお前らー 授業始めるぞ」

律「…」
紬「…」
澪「…」
唯(あぁ)



放課後

澪「ムギ!ちょっと待って!」
律「…」

紬「…なあに?」

澪「途中まで一緒に帰ろう。さっき言ってたムギの悩みも聞きたいし」

紬「ごめんなさい澪ちゃん。今日から校門まで送迎してもらう事にしたの。だから一緒には帰れないわ」

澪「で でも」
律「…もういいよ澪…じゃあなムギ」

紬「…うん…じゃあね りっちゃん澪ちゃん」



翌日放課後

梓「そうですか…結局ムギ先輩は…」

唯「…うん、今日も普段のムギちゃんと変わらないんだけど、私たちを避けてるというか…」

梓「…ムギ先輩の悩みって 何なんでしょうか」

律「さあな… ま 私たちじゃ到底解決出来ない悩みなんだろ?」

唯「私たちムギちゃんに何かしちゃったのか?気づかないうちに」

澪「分からないな…ムギずっと何かを我慢してたとか…?」

律「んなぁーっ!!もういいだろ!?辞めた奴の話は!」
律「何を悩んでいたか知らないが、一週間ぶりに来たと思ったら、私たちにコソコソと内緒で辞めたり!」
律「結局ムギってそういう奴だったって事だよっ!!」

梓「そ そんな言い方ヒドいですよ!」

律「ヒドいのはムギの方だろっ!!」

梓「!」

律「ち…やめた…今日はもう帰る」

唯「えっ!?」

律「じゃあな」

澪「ちょ 律待て!悪い またな 唯 梓!」

唯「りっちゃん…」

梓「…こんなの…」

唯「うん?」

梓「こんなの軽音部じゃないですよ」



翌日 二年教室

純「へぇ そんな事になってるだ?軽音部」
梓「うん、律先輩も毎日イライラしてて…雰囲気最悪だよ」

憂「お姉ちゃんも言ってたよ。最近の部活は居てて楽しくないって」

純「でもさ、ムギ先輩が部活辞めたのって家の事情なんでしょ?」

梓「…て、事になってる」

純「律先輩がそんなに怒っても仕方ないんじゃない?」

梓「律先輩はムギ先輩が相談無しに辞めちゃった事を怒っているみたい」

純「ふーん」

憂「ムギ先輩の悩みって何なんだろうね」

梓「私も同じ事思ってた」

梓「ムギ先輩さ…一週間ぶりに部室来た時様子おかしかったんだ」

憂「そうなんだ?」

梓「うん…うまく言えないけど…私と唯先輩のやりとりの時とか、紅茶を煎れる時とか」

梓「思い詰めてるというか…何か「あれ?」て思うような表情をしてたの」

憂「よくわからないよ」

梓「私もわからない…すぐにいつものムギ先輩に戻ったし、その時は気のせいかなって思ったから」

純「もしかしてさー」

梓「ん?」

純「メイドみたいな事するのが嫌になったんじゃない?」

梓「でもムギ先輩楽しそうにしてたよ?」
純「それは最初は自分のもてなしを喜んでくれれば楽しいかも知れないけどさ…」

憂「…それが当たり前になってしまって…」

純「そうそう!自分の存在は何なんだろ?て思わないかな?」

梓「…そっか…確かに思いあたる節はあるよ」

純「あたりじゃないかなー」

梓(…よし!)



翌日放課後

キキィ バタム

斉藤「お待たせして申し訳ありません。紬お嬢様」

紬「大丈夫よ斉藤」

斉藤「…お嬢様」

紬「何?斉藤」

斉藤「ご学友の方とは一緒にお帰りにならなくて宜しいのですか?」

紬「…」

斉藤「…この数日、何かをお悩みになられている様子で…ご自分でお気づきになられていますか?」

紬「…何をかしら?」

斉藤「お嬢様は…最近本当に笑われた事ないように感じます」

紬「…」
斉藤「…」

紬「…車を出して斉藤」

斉藤「…いかがいたしましょう」

紬「え?」

コンコン

梓「ムギ先輩!あの…お話しが…」

紬「梓ちゃん?」



琴吹家

紬「…じゃあ斉藤、あとで梓ちゃんを私の部屋に案内してちょうだい」

斉藤「かしこまりました」

梓(ふわあ…大きなお屋敷だなあ)

紬「梓ちゃん、またあとで」

梓「ふぁ!? ひぁい」


斉藤(…)

梓(…き…緊張するよ)

斉藤「…お嬢様は…」

梓「はぃ?」

斉藤「お嬢様は高校生になられ、毎日が楽しいと、特に放課後の部活動に関しては、目を輝かせながら、それは嬉しそうに話されていました」

梓「…はい」

斉藤「ご学友にも恵まれたようで、かわいい後輩も出来たとか…恐らく中野様の事でしょう」

梓(な 中野様///)

斉藤「ご存知の通りお嬢様は、ゆくゆくは旦那様の事業を引き継がれる事となるでしょう」

梓(…)

斉藤「ですから今のうちはお嬢様には…」
ピー

紬『斉藤、梓ちゃんをお通しして』

斉藤「…かしこまりました」


斉藤「…中野様」

梓「は はい」

斉藤「紬お嬢様をお願いします」


2