Glee (2009-)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


米 FOX 制作のミュージカルコメディ。

アメリカの高校生活には、
運動選手 (jocks) とチアリーダーを頂点とするピラミッドがあるらしい。底辺はオタク(nerds)。
Glee の在オハイオ・マッキンリー高校(架空)でも同様で、底辺の生徒には大型ゴミ箱へ放りこまれたりジュースをぶちまけられたりのイジメがある。

スペイン語担当教師の Will Schuester は、自らの高校時代をなぞらえるように合唱部 New Directions (以下 ND)を立ち上げる。
当初集まってきたのは「スター」への野心&自信過剰な Rachel Berry、太り気味の黒人ディーバ Mercedes Jones、アジア系で吃音のある Tina Cohen-Chang、車椅子の Artie Abrams、ファッション・立居振る舞いともあからさまにゲイな Kurt Hummel の 5人だけ。
アメフト部 QB の Finn Hudson にも歌の才能があったが、花形 jocks に属する彼は負け犬だらけの合唱部加入を当然渋る。
が、危機感を募らせた Schuester の奸計により掛け持ちすることに。
ついで Finn の親友で同じくアメフト部の Noah 'Puck' Puckerman も参加。
コンテストでの常勝チアリーダー部を率いる Sue Sylvester は合唱部を邪魔物と見なし、Quinn、Santana、Brittany S. Pierce の 3人をスパイとして加入させる。

これらのキャラたちと ND 存続をかけた悪戦苦闘を軸に妊娠騒動の絡むのが S1。
S1 を経て自信を得、負け犬成分の減ったのが現在の S2。


ゲイキャラ Kurt を演じる Chris Colfer は自身もゲイ。
ほぼキャリアのない新人だったが車椅子の Artie 役でオーディションを受け、その役は得られなかったものの制作者の目にとまり
彼のために書かれた Kurt 役でデビュー――という話は有名。
Kurt のエピソードに Chris 自身の体験も一部織り込まれているとのこと。

Kurt は幼少で母を亡くし父 Burt との二人暮らし。
まるっきりストレートな整備工の父とのやりとりはリアルさがある。
互いに感じ方、考え方が違うため多少のすれ違いはあるけれど、ベースに確りとした親子愛があり安心して観ていられる。


S1 からイジメ側として登場していた Dave Karofsky は S2 で Kurt への圧力をエスカレート。
学校側の対応に見切りをつけた Kurt は男子校のダルトン・アカデミーへ転校。その合唱部 Warblers の一員になる。
ダルトンはゼロ・トレランスがモットー。
一切のイジメを容認しないと同時に個性を生かさない傾向があり、伝統遵守の Warblers にも同様の風潮が。
しかし Kurt と同じくゲイの Blaine Anderson が親身に接し、Kurt もなじんでいく……のか?というところ。
何しろ Kurt は人気キャラなので ND への復帰を望むファンは多い。
しかし S2 途中からの新キャラ Blaine と Warblers も人気を得ているため、いい意味で先行き不明。


S1 からの ND のライバルチーム Vocal Adrenaline。そのスターが Jonathan Groff 演じる Jesse St. James。
Glee にはブロードウェイのミュージカル俳優も出演しているが、Groff もそのひとり。
Rachel 役の Lea Michele と共演した "Spring Awakening" (aka 春の目覚め)で 2007 年トニー賞にノミネートされている。
YouTube にある "Spring Awakening" 関連動画は必見。
オリジナルキャストだった Groff の後、Kyle Riabko(90210 (2008-) の Ian)が同じ主役 Melchior を演じている。

Groff もカムアウトしたゲイと言われているが、ソース自体が伝聞情報のため確度不明。



(この項、漸次修正・加筆予定)

tag




- / -