Shelter (2007)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


Zach は低所得白人層の青年。
芸術校 (CAL Arts) への進学を望むが、金と世話を必要とする家族を切り捨てることができない。
幼なじみの女の子 Tori とは周囲も公認の仲。だが実際のところすれ違い気味。
長年の親友 Gabe は富裕層。LA 在住のライターでゲイの Shaun が兄にいる。
短期間の予定で実家に滞在する Shaun と Zach はサーフィンなどで一緒の時間を過ごすようになる。
アートの才能を認め進学を励ます Shaun に、Zach は人間的にも惹かれていき…。


大好きな映画。リッピングしたビデオを PC の HDD に入れているので、いつでも好きなときに見ている。
ながら的に音声だけ聞くことも。サウンドトラックが映画にぴったり合ってるし、DVD も高音質。

画像もきれい。
Zach の境遇は閉塞的だけど、海でのサーフィン場面(ロングビーチ)やサン・ペドロ湾の景色はとても広がりがある。

同性 Shaun との予期しないロマンス、
それによって引き起こされる性的アイデンティティの揺らぎと困惑、家族や親友に秘密を持つこと、その後ろめたさ。
普遍的ですごく真っ当なストーリーライン。

ユニークなのは甥っ子 Cody の存在。
Cody の夜の子守をその母親である姉から押し付けられ、会いに行けないと電話で言う Zach に、
すぐさま「連れて来いよ」と返す Shaun。
「気にしない?」と聞き返しながらも嬉しそうな表情になる Zach がかわいい。

自分の今まで観た作品の範囲では、
若い恋人たちに子どもという家族要素が加わると、恋人と別れるパターンが多い気がする。
どちらか二者択一というやつ。
別れないのは、長く安定的なパートナー関係で年齢も高めのパターン。恋愛要素少めコメディが多い。
Shelter の場合、Shaun が包容力のある大人で Cody も彼にすぐ懐くのが観ていて微笑ましい。

「いい人」でありつつセクシーさもないと、Zach との恋愛がそもそも成り立たない。
Shaun 役の Brad Rowe はぴったりのキャスティングだったと思う。
Zach の Trevor Wright も同じく。
Gabe 役の Ross Thomas が気に入ったら、Sissy Frenchfry (2005) という短編コメディも機会があればぜひ。



tag





- / -