シェル環境


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


メタキャラクタ

シェルで特別な意味をもつ記号。
オプション 動作
* ワイルドカード(任意の数の任意の文字)
? ワイルドカード(1文字の任意の文字)
コマンド1;コマンド2 コマンドの連結
コマンド1&&コマンド2 コマンド1が成功した場合コマンド2を実行
コマンド2\\コマンド2 コマンド1が成功した場合コマンド2を実行

使用例 結果
$var1=`pwd`
$echo $var1
/home/user1
echo '$HOME' $HOME
echo "$HOME" /home/user1




シェルの種類

シェルには大きく以下の系統がある
  1. /bin/sh系統
  2. /bin/csh系統



ログインシェル

ユーザーがログインした際,最初に起動するシェル
設定ファイル
/etc/passwd
変更方法
#chsh
#chsh #設定済みのシェルの表示 /etc/shellsの内容を表示

以下の方法では、現在のシェルを変更するだけで、ログインシェルは変更されていない。
#tcsh #tcshに変更
#bash  #bashに変更

bashの設定ファイルが処理される順番

ログインシェル起動

/etc/profile
~/.bash_profile
~/.bashrc
/etc/bashrc

ログイン後にプロセスとしてシェル起動

~/.bashrc
/etc/bashrc
bashrcには、aliasやシェル変数を設定する。
bashrc変更後は以下を実行して設定ファイルを読み込む。

source ~/.bashrc
又は
. ~/.bashrc

シェル変数

現在実行中の変数だけで有効な変数。

設定と表示方法

bashの場合
VAR=value      #設定: 変数名=値
echo $VAR      #変数の値を表示: echo $変数名
set            #定義済の変数を一覧表示する(環境変数や関数なども表示される)
unset VAR      #変数の削除: unset 変数名
tcshの場合
set VAR=value  #設定: set 変数名=値

主なシェル変数

シェル変数 内容
PS1 プロンプト
PS2 コマンド継続中のプロンプト
CDPATH cdコマンドの検索対象とするPATH

環境変数

シェルから実行したコマンドにも引き継がれる変数。

変数の定義

bashの場合
VAR=value         #シェル変数の定義
export VAR        #シェル変数を環境変数にする
export VAR=value  #環境変数を定義する
unset VAR         #変数の削除: unset 変数名
printenv          #定義されている環境変数を一覧表示する。
tcshの場合
setenv VAR value
tcshの場合、シェル変数と環境変数は、完全に別のものとして扱われる。

主な環境変数

コマンド 動作
PATH 実行コマンドの検索パス
LANG 使用言語
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。