アンドレ・オルブライト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(B.M.56-B.M.2)

通称眼鏡王。
七つのゴッドメガネを作り上げた人物であり、
自らもその一つ「メガネ・オブ・ペルガモン」を所有していた。
メガネは顔の一部である、という命題を成立させるため
生涯メガネをかけ続けることに挑戦したという伝説が残されている。
なお、ふとしたきっかけでメガネが落ちてしまった際、
「アディ先生のメガネが落ちた!落ちた!」と言って弟子達がよってたかって
彼の姿を記録しようとしたというが、写真に写っている像も
そのとき数多く残された作品の一つであろうと言われている。

息子はインディ・オルブライト、孫はウッディ・オルブライトであるが
長いこと彼の家系には男子が生まれなかったため、「エディ」の名を戴く者は
エドガー・オルブライト氏の誕生まで待たなければならなかった。