アレッサンドロ・ストラデッラ・ネスタ・ボッティチェリ・モレスキ・ヴァリニャーノ・アンドラデ・コスタクルタ・ペルティーニ・カグス・ヴェイル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(1496-1560 伊)


別名・アレッサンドロ・カグス・ヴェイル二世。
「30歳まで童貞」という厳しい条件を達成したため
大魔法使いとなった伝説の男。
エターナルフォースブリザードに似た魔法を使う。相手は死ぬ。

アレッサンドロ・カグス・ヴェイルが13歳の頃
イタリア人女性、クラウディア・クァーグとの間にもうけた子どもである。
13歳という若さでの事ゆえ、父親はアレッサンドロでは無いのではないか?
という説も一部であるが、後のアレッサンドロの好色ぶりを見る限り、
13歳で事に及んだとしても決しておかしくは無いために、
一般的にこの説は否定されている。