GR大野線


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大野線(おおのせん)

五郎県足田市の足田駅から五郎県大野市の大野駅を結ぶ鉄道路線(幹線)である

概要


王国最初の鉄道開通区間であり、王国鉄道計画の「西部海縦断鉄道」の一部として開通した
この路線の開業により王国の交通は大きく変化し、その後の鉄道の発展へとつながった。同時に足田・大野の2大都市の発展も担った

路線データ



使用車両


普通列車

王鉄105系電車(足田~大野 普通・快速運転)
王鉄125系電車(足田~大野 普通・快速運転)
GR173系電車(足田~大野 普通・快速運転)

特急列車

王鉄158系電車(特急西部 足田~線岩)
GR195系電車(特急西部 足田~線岩)
王鉄EF15形電気機関車(寝台特急西部海)
王鉄10形客車(寝台特急西部海)
GRキハ128形気動車(特急はます 足田~浜州崎)

駅の紹介


(☆のつく駅は区町の中心駅)

五郎県


歴史


1858年 足田~大野間の建設開始
1872年 大野線足田~大野間が開通。王国初の気動車路線として話題になった。
1895年 新池駅城下川駅南港通駅金橋駅が開業
1900年 20世紀特急大野銀河運行開始(~1905年)。王国初の特急列車として大きな話題になった
1901年 西部本線の建設開始
1923年 西部本線が開通。この年から西部本線への直通が開始された
1940年 大野線・西部本線経由の寝台特急列車が運行開始。