若王子 貴文 (声優:森川 智之)



プロフィール


誕生日:9月4日
星座:おとめ座
血液型:A型
身長:180cm
体重:65kg
電話:不明
趣味:先生、猫のノミとり
部活:陸上部顧問

攻略・最終要求パラ


【最終要求パラ】(PS2版情報)
 学力150 流行120 気配り120
 ※好感度やデート回数で多少甘くなる模様

【事故チュー】
 やさしくて 頼れる人

【登場条件】
 オープニング強制

【呼び方】
 普通~:若王子先生、若ちゃん、若サマ、せんせぇ
 好き~:貴文くん、貴文さん
 不許可:Dr.若王子、貴文、若プリ

【プレゼント】
 1年目誕生日:◎最新ナウい言葉辞典 ××必読!忘れ物防止術!
 2年目誕生日:◎授業中に描いた先生の顔 ××ちゃんとした大人になる本
 3年目誕生日:◎101匹仔猫写真集2 ××授業中に作った肩たたき券
 クリスマス:◎ガラス細工の天使(1リッチ)

【ファッション】
 好きな色:ピンク
 好きなスタイル:◎エレガント ○セクシー △ピュア ×スポーティ

イベントスチル


【学校関連】 (アルバム埋めた人訂正ヨロ)
(1) IQ200(春・好き以上)
(2) 背面跳び(夏合宿・陸上部所属)
(3) ビーカーコーヒー(10~11月・友好以上)
(4) 個人授業(2学期期末テストで補修になる)→発生後ストレス半減
(5) ここにいるよ(スキー合宿・デート(5)と告白未遂イベントを見ている・好き以上)
(6) 事故チュー
(7) 学園演劇(3年目文化祭で学年演劇選択し成功・友好以上でときめき度1位)
(8) 先生は人気者(修学旅行で一緒に自由行動を回る・好き以上)
(9) DS版新イベント(下記参照)

【デート関連】
(1) 桜吹雪(花見シーズン・森林公園・好き以上)
(2) クルーザー(海・好き以上)→水着必要なし
(3) 謎の外国人(秋・臨海地区以外でデート・好き以上)
(4) この海の向こう(冬の海・好き以上)
(5) 暖かい手(3年目クリスマス・好き以上で好感度1位)

【告白関連】
(1) 告白1
(2) 告白2
(3) 灯台で
(4) 思い出の浜辺で
(5) 海岸で

【DS版追加イベント】
登校期間の平日にストレス80以上で陸上部クラブコマンド実行
※好感度関係なし?普通で発生報告あり
※イベント発生後はストレス-50

+←アルバムの順番を見る時はクリック
学校関連
IQ200 背面跳び ビーカーコーヒー
個人授業 ここにいるよ 事故チュー
学園演劇 先生は人気者 新イベント
デート関連
桜吹雪 クルーザー 謎の外国人
この海の向こう 暖かい手 -
告白関連
告白 告白 灯台で
思い出の浜辺で 海岸で -

スキンシップポイント


  • 黄色いハートになるまで肩やネクタイ辺りがお勧め
 (青いハートがでにくい)
 あまり顔や手を触らないほうがいいかも。
  • 黄色以上になると、デートや課外授業の待ち合わせ場所に着いた時の最初のスキンシップは、目をタッチで赤いハートがたくさん出る
  • 赤以上のハートになると、大概何処でも大丈夫な感じでした
  • 課外授業に若が遅れてきたときに頭をうまくチョップする(普通時確認)
  • ときめき状態時、腕をくんだり、手に触れたりすると青ハートが出るので注意

デートでの選択肢

※◎バッチリ好印象、○良い感じ、△まあまあ、★特別会話
※特別会話はスキンシップできません
※特別会話は相手がときめいていないと発生しません
※若は自分からデートには誘えません。
  誘われるまで若の注目パラを上げ自分を磨いときましょう

臨海地区 待合せ:はばたき駅
+臨海地区
【遊覧船】
①◎海風が気持ちいいです
②◎なんだか生きているみたい
③★先生にはどう見えますか?
 ○小さくておとぎの国みたいです
【空中庭園(1年目7月~)】
①◎空に浮かぶ楽園ですね
②○葉っぱがホウレン草に似ています
③★恋人同士とか・・・
 ○どう見えたって、気になりません
【海・冬(12/1~2月末)】
①○ちょっと感傷的になっちゃいますね
②◎満潮になったらきえちゃうのかな?
③★わたし、成長してないなあ…
【花火大会/3年8月の第一日曜日】
①★わたしからは誘えなかったから・・・
 △花火大会、初めてだったんですか?

繁華街地区 待合せ:駅前広場
+繁華街地区
【ボウリング場・ダーツ】
①◎ダーツ、教えてほしいです
②◎すごい!真ん中どんぴしゃり!
③★ど、どんな生活してたんですか?!
 ○ほんと、プロみたいです!

はばたき山 待合せ:バス停
+はばたき山
【はばたき山・紅葉(毎年10/15~11/15)】
①○そろって赤くなるのが不思議
②◎秋はあっという間なんですね


課外授業

※◎すごくいい感じ、○いい感じ、△まあまあ、★特別会話
※特別会話はスキンシップできません

臨海地区 待合せ:はばたき駅
+臨海地区
【水族館】
○ずーっと食べ続けられますね!
【水族館・オルカ】
◎イルカバージョンも…
【海・夏】
①◎海のバカヤローー!!
②◎食べられる海藻を集めてみました!
③★なくした愛の化石があります!
 ○きれいな貝の化石があります!
【煉瓦道】
○今流行りの小松菜ソフトです
展望台
○”ブリ展”はどうですか?
【遊覧船】
◎えっ、どこか行っちゃうんですか?

繁華街地区 待合せ:駅前広場
+繁華街地区
【映画】
①◎あらすじ、教えましょうか?
②◎そこ、いい場面でしたよね!

はばたき山 待合せ:バス停
+はばたき山
【城・天守閣】
◎民から集めたお金で建てたんですよね
【城・展示】
◎織田信長は関係ないですよ

森林公園 待合せ:公園入り口
+森林公園
【博物館・常設展】
◎信仰の対象だったからでしょうか?
【博物館・恐竜展】
◎よっぽど面白いものがあるんですね!
【博物館・ガーギー展】
◎美しさと醜さが同居しています
【博物館・三原色展】
◎……もしかして、額縁見てます?
【植物園】
◎植物の形が面白かったです!

その他


【遊くん情報】
「おねえちゃんの担任で化学の先生。
 天才科学者で海外にいたこともあるんだって。」
1年:はね学の、科学の先生。天才科学者で、IQ200!?
2年:自宅にのら猫がいっぱい出入りしているみたい。
3年:子供のころ、アメリカに住んでたことがあるらしい。

【スキンシップ評価メール】
少し近づけたかも

すごく近づけたみたい
先生なんだか今日は青春でした。
喜んでるみたい
取り扱いを間違えると先生は爆発します。ウソです。
でも、次は要注意です。

ちょっと恥ずかしい
多分、君が思っている以上に君は僕を幸福にしている。ありがとう。

若の攻略指南


※ここに書いてあるのはあくまでも一つの方法として書いてあります。
 どうしても出来ない方は参考にしてみて下さい。
※以下の方法以外も勿論あるし、間違っている部分もあると思うので
 攻略できている方、もっと簡単な方法を知っている方、
 編集お願いします。

【↓ 以下反転(CTRL+A) ↓】

①若の注目パラ(学力・流行・気配り)を中心にまず上げる。そうすると早ければ5、6月辺りから課外授業が発生する。課外授業もスキンシップが出来るのでコチラを参考にスキンシップ。

②クラブ活動は陸上部か手芸部。陸上部は学力パラが下がるが夏合宿でスチルが発生する為、夏前には1度は入部した方が良い。手芸部は学力を下げずに流行・気配りが著しく上昇するためおすすめだが夏合宿で好感度を上げられない。

③男の子や女子は出したほうが人物ボーナスみたいなのがあり攻略し易くなる。しかし、爆弾が嫌だ、男の子をあまり出したくない人は1年目の4月から毎月1回は一緒に帰れるまでリロードする(下校リロしなくてもとき修はいけるが、パラあげに自信がなければリロしてもいい)

④若がデートに最初に誘ってくれるようになるまで、苦手(口がへの字になっている)がでない程度にみんなと仲良くする。友好時は一人でも苦手が出てると若は誘ってこないが、好き以上であれば苦手がいても誘ってくれる。

⑤若の注目パラ+芸術を上げていればテストで上位は狙えるので、若のときめき度も上がってくるはず。体育祭が苦手な人は出なくても良い。バレンタインや誕生日は貰ってくれなくても、上げることが大切。もしかしたらリロードしたら貰ってくれる事もあるかも…。心配な方は1年目の初詣に若との恋愛祈願を。しかし、ハートがピンクになっても④を守っていないと多分×

この5点辺りを守れば多分2年目の8月にクルーザーデートに誘われる。この時スク水でも多分大丈夫。心配の方は事前に用意しといてください。1回でもデートに誘われればその後は爆弾がついても若はデートに誘ってくれます。そしてとき修も多分コレでいけます。

若の攻略例


【↓ 以下反転(CTRL+A) ↓】

はるひ部屋を選択。アンケートは学力タイプ、事故チュー相手は若。

手芸部に入部し、平日ははるひコマンドと部活コマンドを実行。学力は休日に上げる。長期休暇に集中して勉強コマンドを実行してもよい。

アルバイトは花屋を選択。喫茶店は佐伯の好感度が上がりやすいのでおすすめできない。真咲は無視。

1年目の元旦は振袖を着て若と恋愛祈願。課外授業が3回以上発生しない場合はやりなおしたほうが賢明。

陸上部スチルを回収したい場合2年目の夏合宿までに手芸部を退部して陸上部に入部。

これで2年目8月までに好感度が好き以上になりました。登場したのは佐伯、若、真咲、はるひ、天地のみです。下校も若にこだわりませんでした。


大接近二択会話

+大接近二択会話
「ちゃんと、前を見て。転ぶよ?」
 「はいっ!」
 「はい、よろしい。
 「いいえ?」
 「もう、好きにしてください。

「こら、駄々っ子ですか?」
 「はいっ!」
 「じゃあ、しょうがない。そっちの腕は、貸してあげます。
 「いいえ?」
 「違う?じゃあ、甘えん坊だ

「いたずらっ子め。どうしても困らせたいみたいだね?」
 「はいっ!」
 「やれやれ、処置なしです。
 「いいえ?」
 「自覚は無しか。困ったもんです。

「二人きりになると、甘えたくなっちゃう。ピンポンですか?」
 「はいっ!」
 「困ったもんです。学校ではしないこと。いいね?
 「いいえ?」
 「じゃないとすると、単に困らせようとしてる?

「さては、先生のホッペにキスしたい。ピンポンですか?」
 「はいっ!」
 「えぇと……聞こえなかったことにさせてください。
 「いいえ?」
 「違う?ホントに?

「そんなにくっつくと、歩きづらくない?」
 「そうなんです」
 「それでも、くっついちゃう。じゃあ、しょうがないか。
 「そんなこと!」
 「ホントに?器用ですね……。

「今の君は、学校にいる時の君とまるで別人だ。」
 「そうなんです」
 「やっぱり。どっちが本当の君なんだろうね?
 「そんなこと!」
 「これだから、君には参ります。

「ほら、また。くっつき虫が出た。」
 「そうなんです」
 「君のことですよ?くっつき虫。
 「そんなこと!」
 「違いません。君はくっつき虫です。

「あんまりやると、先生、噛みつきますよ?」
 「いいですよ?」
 「あ、信じてない。月夜になればわかります。
 「えぇ~……」
 「脅しが効かないのは、わかってました……。

「コラ。いい加減にしないと、先生も反撃します。」
 「いいですよ?」
 「まったく……出来ないのをわかってやってるんだね?
 「えぇ~……」
 「え?あ、いや。ほんの冗談です。なんにもしません。