ストーリー(公開用)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ストーリー・オープニング

――秋の暮れのこと。
博霊神社の巫女、博霊 霊夢が賽銭箱を覗くと、中には手紙が入っていた。
差出人は「河城 にとり」、新しい発明品の披露宴に出席してほしい、という内容だった。
披露宴に出席した霊夢らが見たのは、3つの道具だった。
1つ目は『自分と同じ人間を取り出すことができる鏡』
2つ目は『どこにでも対象物を移動させることができる機械』
3つ目は『カリスマ度を上昇させることができる杖』
霊夢は1つ目の鏡に興味を抱いていたのだが、同席していた永江 衣玖が発した電撃により、発明品にバグが発生する。
そして霊夢らはバグ状態の発明品により、『もう一つの幻想郷』へと誘われてしまう――。


主人公は博霊霊夢だけじゃない!

このゲームの主人公は、東方シリーズでおなじみの博霊 霊夢!……だけでなく、霧雨 魔理沙も主人公として活躍します。
シナリオ数も複数あり、ゲーム内容としては充実したものに仕上げようとしています。

シナリオをリンクさせるザッピングシステム搭載!

霊夢や魔理沙たちは、このゲーム内では同じ時間を行動しております。従って一人の行動が他のキャラクターに影響を与えることがあります。
(例:魔理沙シナリオで魔理沙が岩を壊したら、霊夢シナリオで通れるようになっている)
このように、そのシナリオで行った行動が他のシナリオに影響を与えてしまう。これを使ったシステムのことを「ザッピングシステム」と呼びます。
今作では、このザッピングシステムを使って、より難易度の高いRPGを作成しています。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。