ノリキ

「行ってこい。俺はここで、一仕事していくから」

【所属】 武蔵アリアダスト教導院
【名前】 ノリキ
【読み方】 のりき
【種族】 極東人
【元ネタ】 松平督姫
【字名】 不明
【HN】 労働者
【登場巻】 第1巻・上~

【人物】

武蔵アリアダスト教導院に通う少年。
弟と妹が多くいるため学生でありながら働いている。基本的に口数が少なく無愛想。
「三発殴って~」や「わかっているなら言わなくていい」が口癖。

肉弾戦を得意とし、体重が軽いため通常の打撃の威力は低いが、その弱点を克服するための創作術式睦月」を使用する。
彼の術式は、弥生月→如月→睦月の三段階で構成される。
順に、「相手の防護の無視」→「認識したものを殴れる」→「打撃力の強化」と「認識した相手の術式の解除」の加護を得るもので、彼が知る限り殴れないものは無い。
ただし術式の解除などは、「術式そのもの」か「術式にかかってる人間」をノリキが認識していないと効果がない。

役職持ちではないが、戦闘においては強敵を退けるだけの高い戦闘力を持つ。
1巻にてガリレオと相対し「天動説」「地動説」を破壊し勝利に導き、英国を舞台とした2巻ではトマス・シェイクスピアが発動させた劇場術式にいち早く気づき、キヨナリ・ウルキアガの窮地を救っている。

出身が相模ということが1巻下で解ったが、3巻上で彼の詳しい身の内が明らかになる。
北条に仕える重臣の家系であり、異種が多くまとまりに欠ける北条をまとめあげるために北条家が男子、重臣が女子を授かったらそれぞれ「北条氏直」、「督姫」を襲名して国内・国外の関係を改善しようと考えていたが、産まれた子供はそれぞれ性別が逆であったために、重臣の側は襲名できずに国を去った。
武蔵の船に乗った姫、もしくは去った姫で「乗姫」「乗去」、どちらもノリキと読める。
北条・氏直のことをそれとなく気にかけていた。

小田原征伐/備中高松城水攻めを前にして、創作術式の登録先である諏訪神社本社に向かい、術式の向上をすることにした。
6巻・下の終盤で帰参。北条・氏直と対決する。それは氏直を自由にするための対決であった。

彼と氏直は小さいときにお互いに”何があっても”互いの味方で居るという約束を交わしていた。
何があっても、は例え互いが死んでも勢力が違って居ても、である。
その約束を糧に氏直は生きていた。

ノリキは小学校の時の作品で「みんなをまもれるようになりたい」と書いた。
彼にとってはみんなは家族のことだったが、家も族もイマイチ分かっていなかった。
それを小中とすごしていったり、戦いを経験することで自分も家族を持っても良いと
分かる。

そしてノリキが氏直を気にかける理由は幼い頃の約束もあっただろうが、彼女がその身に受けた改造が督姫となる者が仮に病弱だった場合に生きながらえるためにする改造でもあった。

全能力を使用し、トーリの援護も受けてノリキは氏直を倒し、歴史再現を終え、彼女を北条氏直から自由にした後婚姻届を出して氏直と結婚する。